薬剤師の職務経歴書を書くポイント

職務経歴書を書くときのポイントとは?

薬剤師の職務経歴書を書くポイント

新卒の薬剤師の場合は書く必要はないのですが、そうでない場合は職務経歴書を作成してみてはどうでしょうか。 履歴書だけあればいいとしているところもありますが、職務経歴書は自分をアピールするために活用できる書面です。

特に倍率の高い人気の求人であった場合、職務経歴書があるのとないのとでは面接官に与える印象が大きく変わってきます。 職務経歴書になにを書いておいたほうがいいのかというと、まずは自分がそれまでに経験した科目です。

履歴書のみに経験科目を書いている人と、職務経歴書にも経験した科目と内容について書いている人がいた場合、どうしても後者のほうが印象が強くなりますよね。 自分の経験を強くアピールすることができるので、職務経歴書は是非とも取り入れたいところです。

それから、管理薬剤師やマネージャーなどのポジションについていた場合は、それもしっかり職務経歴書に書いておきましょう。 管理薬剤師の経験というのは、様々な職場で重宝されます。

ただの仕事に対する知識だけでなく、責任感やコミュニケーション能力がある人間であると判断してもらうことができるので、管理薬剤師の経験者を積極的に活用している病院などは少なくありません。

逆に、薬剤師として長年勤めているにも関わらず管理薬剤師を経験したことがないという人は、それがマイナスポイントになってしまう可能性があります。 職務経歴書に管理薬剤師の経験を書くことができない場合、その他のところでしっかりアピールしていきましょう。

中でも評価が高いのは、大きな薬局の管理薬剤師や、店長というポジションを経験したことがある人です。 重要なポジションを務めていた人は最初からかなりの好条件で雇ってもらえることもあります。

自分が経験してきたことを、履歴書だけで伝えるのは非常に難しいものです。 履歴書に全て書き込もうとすると、何を伝えたいのか分からない見にくい履歴書になってしまうこともあるので、職務経歴書を活用してうまくまとめましょう。