看護師が行う有料老人ホームの仕事内容について

有料老人ホームは働きやすい?

看護師が行う有料老人ホームの仕事内容について



看護師が働く職場の1つに有料老人ホームがあります。他にも、准看護師転職先として介護施設には特別養護老人ホームや介護老人保健施設などもありますが、有料老人ホームではどのような仕事を担当する形になるのでしょうか。

まず、基本的な情報として、有料老人ホームは民間企業が運営しているケースが多く、どのような入居条件が定められているかというのは施設によって異なります。

そのため、条件をチェックすればどのような仕事を担当することになるのか大体想像できるでしょう。

有料老人ホームで働くメリットについてですが、病院との大きな違いとして挙げられるのが医療行為の現場ではないということ。

病院ではピリピリとした空気が流れていることも多いのですが、有料老人ホームの場合はアットホームな空気の中で働けるということもあり、病院に疲れてしまったという方にもおすすめです。

また、選択肢が多いというのも魅力だといえるでしょう。全国には非常にたくさんの有料老人ホームがあるため、その中から自分に最適なところを選ぶことができます。

それから、サポート体制が充実している職場が多いです。 職場によっては、入社した後にまともに研修などが行われず、仕事についていけないこともありますよね。

それが原因で就職してからすぐに辞めてしまったという方もいるようです。 多くの有料老人ホームでは研修制度が充実しているだけでなく、福利厚生が整っていたり資格取得に関するサポートも行われています。

基本的な仕事内容は、入居されている方のサポートをするということ。 何らかの異常があればいち早く察知し、対応していかなければなりません。 ご家族の方と触れ合うことも多く、アドバイスなどを求められることもあるでしょう。

入居者の方の健康管理全般を担当するだけでなく、服薬管理や医師の指示に基づく処置なども行うことになります。

とても人気のある有料老人ホームでの仕事ですが、臨床経験が3年以上なければ採用してもらえない職場も多いようです。まだ仕事を始めたばかりの看護師の方はまずは経験を積みましょう。

看護師の転職支援サイトはハローワークとどう違う?

転職活動する際に求人情報を集める方法は色々ありますよね。 例えば、転職情報誌やハローワークを利用するという方も多いのではないでしょうか。

それに、転職といえばハローワークというイメージが強いかもしれません。 ですが、近年人気が高まっているのが転職支援サイトの利用です。 それぞれの違いがよくわからないという方のために、メリットやデメリットの違いについてご紹介しましょう。

まず、どちらも利用は無料となっています。大きく違うのは直接足を運ばなければならないかどうかということです。

ハローワークの場合は実際に施設に行き、そこで職業の相談や仕事の検索を行う形になりますよね。インターネット上からでも求人情報を閲覧することができますが、使い勝手はあまり良くないようです。

時間を見つけてハローワークに行けたとしても、窓口はいつも非常に混雑しています。何時間も待たなければならないケースも多く、特に人口の多い地域では仕事を検索しに行くだけでもかなりの時間がかかりますよね。

それに比べ、転職支援サイトは自宅からも細かい求人情報がチェックできます。それだけでなく、非公開求人というものを取り扱っているのです。これは、一般には公開されない好待遇の求人情報のこと。

ハローワークなどではチェックできないため、非公開求人を見るためには転職支援サイトに登録する必要があります。

また、キャリアコンサルタントがついて様々なアドバイスやサポートをしてくれるというのも大きな魅力です。

特に看護師専門の転職支援サイトであれば、看護師の職場や仕事内容について詳しいコンサルタントの方がそろっているわけなので、細かい相談をしながら職場選びができるでしょう。

こういった相談はハローワークもできますが、看護師について詳しい方がいるとは限りませんよね。

もちろん、どちらも利用するというのもおすすめです。ただ、情報量の豊富さということを考えるとどうしても看護師専門の転職支援サイトのほうが上だといえるでしょう。